北九州銀行で確実に資産運用

北九州銀行の定期預金

北九州銀行の円預金商品は普通預金と定期預金に分けることができます。最初に口座開設される普通預金口座は、給与や年金を受け取れる、預金の出し入れが自由などの長所があります。北九州銀行では決済機能を強化した決済用普通預金や、2種類の贈与専用口座も取扱っており、預金口座を様々に使い分けることができます。しかし資産を増やす、あるいは保護するという目的のためには普通預金よりもいわゆる定期預金が好適です。

定期預金は給与や年金の振込、公共料金の支払いといった機能はなく、満期日まで預金を引き出すこともできませんが、金利が高いため利息がたくさん受け取れるという長所があります。そのため普通預金に比べて資産運用に効果的で、将来の老後資金を利息で増やしたり、とりあえず使わない資金を預けておくという使い方が多いです。金融機関によっては定期預金と投資信託を一緒に申し込むプランもあります。

北九州銀行の定期預金でオススメなのは退職金専用の特別金利定期預金です。退職金しか預けられない特殊な商品ですが、預入期間のうち最初の3ヶ月間は通常の店頭表示金利に上乗せ金利がつくという長所があります。別の金融機関で退職金を受け取っていても、北九州銀行に預け替えることで利用できるようになるという利点もあります。類似の商品は他行にもありますが、取扱期間に制限があるキャンペーン商品であることも多いため、いつでも提供されている北九州銀行のものが人気です。

退職金のようなまとまった資金がない場合は、積立定期預金で資金を作るとよいでしょう。北九州銀行には住宅取得資金を貯められる住宅積立預金という商品があります。通常の積立定期預金と違ってギフト券プレゼントなどの特典があり、貯蓄が楽しくなる工夫が施されているのが特徴です。財形住宅貯蓄を使って住宅取得資金を貯める人もいますが、申し込みが面倒などの欠点があり、契約が楽で預入金額などの条件変更も簡単な住宅積立預金とは使い勝手が異なります。